企業情報

林業十五代、創業昭和二十五年、林業、炭焼き事業から始まった三栄林産株式会社の
会社概要、沿革、メディア掲載、受賞について。

会社概要

商号
三栄林産株式会社
創業
1950年
所在地
〒519-1127 三重県亀山市加太中在家8032-1(名阪国道中在家インター降りてすぐ)
TEL
0595-98-0678
FAX
0595-98-0507
E-mail
info@sanei-rinsan.com
資本金
1,000万円
代表
代表取締役 坂 英哉
建設業許可
三重県知事許可(般-27)第12352号
建築士事務所登録
二級建築士事務所
三重県知事登録 第2-1948号
事業内容
建築用材(木材、建材)の販売・一般製材業・建築工事業・小売業
取引銀行
百五銀行関支店 三重銀行亀山支店

沿革

昭和22年
創業者である坂 安男が加太に戻る。
昭和25年
【山二木材店創業と創業者 坂安男】 坂 安男が三栄林産株式会社の前身である、山二木材店を創業。主に、林業(雑木伐採、植林)、炭焼き事業を行う。坂 安男は昭和20年代後半から12年間、加太村・関町の議会議員を務める。安男は名阪国道(開通昭和40年(1965年)の工事(昭和37~40年)では、地域の土地区画整理に尽力。
坂 安男

坂 安男
(坂義明会長の父)

昭和35年
林業、製材業の景気が良く成り始め、仕事が増える。
昭和40年代 初頭
【製材事業開始(三栄木材店への社名変更)】 加太地域で知人の山路七蔵が経営する山路商店(製材所)を買収し、三栄木材店を創業。製材事業開始時のメンバーは、安男、昭吾(安男の弟)、牧森 久和氏の3名であった。
昭和46年 4月
【法人化(三栄林産株式会社の誕生)】 三栄林産株式会社設立と共に、現在の本社地に移転。設立時の従業員は8名。安男は、鈴鹿木材市場(原木市場)の社長を兼務。
三栄林産株式会社の誕生
昭和50年代
国産材の流通は産地ブランドが主流だった。加太材は高評価されており、市場でもこの周辺の他の材より一割高く売れていた。関東でも加太産の丸太がよく売れていた。加太や周辺(関町内)地域には、終戦後からこの時期まで、製材所は10ヶ所程あった。 安男は、鈴鹿森林組合長を7、8年務める。(58歳のときに脳梗塞で半身不随になったが、ほぼ回復してその後に60代で鈴鹿森林組合長になり、熱心に取り組む。)
昭和60年代
【義明(2代目)就任】 義明が社長就任後、平成初期(平成3年ごろ)までは木材価格も高値だったが、しばらくして景気後退が始まった。 「製品市場売り販売」から関係の深い取引先(工務店、大工)への販売を主とする「直接受注販売型」へシフト。 平成12年頃より、建築事業を目指す。
三栄林産株式会社の誕生
平成14年 8月
工場火災発生(屋内の木材乾燥機のモーターの過熱が原因と想定)事務所および製品倉庫が消失、製材工場、屋外木材乾燥機が残る。
平成17年
【火災からの復興~現在へ~】 丈哉(義明三男)が火災を機に三栄林産へ入社。 成哉(義明次男)は大阪で設計事務所に勤務していたが、この1年後くらいから三栄林産の仕事を手伝うようになった。 ノッティーハウスリビング(工務店・家具事業)開始 丈哉家具店勤務(店長)の経験も活かしたいとのことで事業開始。 英哉(義明長男)が三代目社長、義明が会長に。
三栄林産株式会社の誕生
平成19年
丈哉が株式会社ブルック創業。
平成30年
かぶとの森テラス(キャンプ事業)開業。
令和2年~
ライフスタイル創造カンパニーへ!

メディア掲載

2020年5月13日
中日新聞 亀山市役所に飛沫防止パネル寄贈
2020年4月12日
伊勢新聞(ヤフーニュース) 子供向け「木工キット」プレゼント、亀山の「三栄林産」
2020年4月12日
中日新聞 休校中 木工キットで椅子を
2009年
伊勢新聞 当世跡継ぎ事情
2008年12月9日 
中日新聞 地域経済の現場から
2008年
2008年春号 NAGI
メディア掲載

受賞

昭和63年
黄綬褒章
令和元年
JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2019
令和2年
「小さな親切」実行章
受賞