ブログ

OM経営者会議に参加しました! 〜 その3 〜

坂です。

経営者会議の三日目はオプショナルツアー、

今年は、つくばの里山住宅博。

僕の目的は何と言っても、伊礼さん、堀部さん、森みわさんが設計された住宅が同じ場所で見学できること。

しかも、伊礼さんと堀部さん(堀部事務所のスタッフの方)は解説付きです。

今回は特にOMXを搭載している、伊礼さん設計の住まいの感想を書きたいと思います。

外観はこんな感じです。

屋根のクワトロソーラーが目を引きますが、その奥にチラリと見えている”物見やぐら”がやっぱり気になります。

LDKは南北に大開口があり、ピクチャフレームのように景色を切り取ってくれます。

建物の北側には里山の風景が広がっており、その風景を楽しむため(北側に大開口を設ける)にOMXが一役買っています。

敷地条件によっては、南側だけでなく東、西、北側に大きな開口を設けたいことがあります。

そういった場合、温熱的にどうしても不利な設計をすることになりますが、OMソーラーやOMXを活用することで温熱的な問題を解決させておけば、より敷地のポテンシャルを活かす設計ができるのです。

OMX←OMXについてはこちらへ。

お家の一番いいところには伊礼さんが座られていました。

いざ、物見やぐらへ

吹き抜けを介してリビングにつながるロフトからアクセスできます!

やっぱり、この家の特等席はここに違いない!

里山の風景を独り占めできる場所!

また、基本的な内装の仕上げは桧の床に薩摩中霧島壁、天井はピーラーでした。

*ピーラー:ベイマツの良質な部分

恥ずかしながら、伊礼さんの住宅を実際に見たのは、今回が初めてなんです。

シンプルな素材で構成される空間を上質に感じさせる細かなディテールにすごく刺激を受けました。

そして何より、”ずっと居たい”と思える空間でした。

事実、見学者の多くは伊礼さんの建物での滞在時間が最も長かったようにも感じました。

木をたのしむ ていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

ホーム