カタログ請求・お問い合わせカタログ請求・お問い合わせ

イベント情報

器とテーブルvol.10 pop up store開催 大黒ごはん釜『華月』

木のダイニングテーブルに合う、幸せな食卓には欠かせない素敵な器や食の道具を期間限定POPUP形式で

ご紹介する企画「器とテーブルvol.10」。

今回登場いただくのは、1856年から四日市の地で耐熱鍋を中心に作品を生み出し続ける「華月」さんです。

期間:1/15(土)~2/27(日)まで

場所:ノッティーハウスリビング店舗

今回はごはんがふっくら美味しく炊けるごはん鍋(1合~6合)を中心に、直火にかけてコンロからそのまま食卓に並べることができる商品ラインナップとなっています。

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

華月さんホームページより

和を紡ぎ、伝え、繋げる。

安政三年。
東海道の宿場町だった四日市は往来が多く、餅や茶の生産が盛んでした。餅や茶を作る道具であった石臼の製造業として誕生した華月の前身は、時代の変化とともに部屋を彩る花器作りを始めました。
その後、花器の作陶家として「華月さん」といつしか親しまれるようになり、長い時を経た今日もその名を受け継いでいます。
時代の変化とともに、私たちは様々な変化を続けてきました。しかし同時に、絶えず日本の食文化に寄り添ってきました。
昨今、多様な文化が広がる中で、和の文化は衰退傾向にあります。日本人の心に器作りで寄り添ってきた私たちは、「和文化を次世代に繋ぐ」を使命にものづくりをしています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

普段この地域の小売り店に登場することは少ない華月さんのごはん鍋、この機会にぜひ手に取って

お買い求めくださいね。